トレンド

三峡ダムが崩壊したら6億人被災!?影響は多くある?軍事的な弱点もあり!?

2020年6月25日現在、中国の記録的な大雨で世界最大のダムである三峡ダムが決壊するのではないかと報道されています。

三峡ダムは完成の2003年すでに80か所にヒビ?


三峡ダムは2003年時点で手抜き工事により空間にすきまができた影響でひびが80か所あったといわれています。

今はとんでもない数のヒビが増えていて決壊の危機ではないかといわれているのです。

ほたる
世界最大のダムで

三峡ダムは中国最大の弱点?

上記ツイートのとおりこのようなシナリオもあるのではと言われています。

要するにインドや台湾は中国と戦いになった場合に最初に三峡ダムを狙うという話です。

ここが決壊したら多くの被害が出るのが目に見えてるからだといえます。

ほたる
戦争になんてなってほしくはないけど、こんなことになったら怖すぎる(;´・ω・)

80年ぶりの大洪水で三峡ダム決壊危機


2020年6月24日からの大雨で水力発電用ダムが土石流で崩壊したことで三峡ダムが最大の危機であるという訴えがあります。

三峡ダムしたら6億人が被災!?(重慶、武漢、南京、上海が危険!?)


6月15日現在で850万人が被災してると中国当局も発表しています。

発電所や村が洪水で流されたりと、実際は1,000万人くらい被害にあってるのではないかといわれています。

日本ではほとんど報道されていませんが、まさに異常事態という状況ではないでしょうか。

このダムが原因ではないかといわれてる地震も多く発生しています。

三峡ダムは中国の産業を支えている大きなダムではありますが、逆に大きな爆弾になる得るかもしれません。

まとめ

2020年の6月上旬から降り続く中国の大雨。

これにより三峡ダムの決壊が現実味を帯びてきています。

6月15日現在、あまり報道したがらない中国当局が850万人が被災してると発表しています。

実際はもっと多くの中国人民が被災してる可能性もあります。

三峡ダムが決壊しないことを祈るばかりです。

-トレンド
-,

© 2020 スイラブまとめ